2006年11月アーカイブ

多様性

| トラックバック(0)

人の持つ排除の傾向については日本人の鈍感さが際立っているようだ。すでに国際的には多様性を是とする行動が標準となっている。均質な美しさは悪の源泉だというわけだ。そういえばマスゲームを時代錯誤なイベントと見るバランスをわれわれは既に身につけている。とはいえ、問題がクローズアップされているいじめの問題などは、まさに日本人の大人の常識の根底にある排除の傾向が子供に鏡像として映し出されているといえるだろう。日本経団連のダイバーシティに関する提言生物多様性条約の背景に多様性の受容の考えがあり、理屈ではわかったつもりでも、行動が伴っているとは言いがたい。これらの基準がどれほど重いものか、わが国では民族の坩堝である米国に一歩も二歩も遅れていると言わざるをえない。

爆発の予感

| トラックバック(0)

いろいろな分野の研究や分析が実験の成果もあって急速にひとつに収斂している予感がある。
ナノスケールの技術がこれを支えている。宇宙スケールではインフレーション理論、ナノスケールでは光化学技術、生物学と医学における量子論解釈の成果、これらを支える考古学と地質学。そして、同じような成果が社会学と精神医学において言語学と心理学から得られている。光合成化学と脳化学の最近の成果がひとつに収斂していく期待を膨らませてくれる。特に日本の電子技術と光技術の水準がこれらを可能にしているといえるだろう。楽観的かもしれないが、人類は生命の解釈を固めつつある。

タグクラウド

| トラックバック(0)

日米首脳のタグクラウドはおもしろい。
ブッシュ安倍の関心ごとがみごとにあぶりだされる。

環境に漏れ出す情報と生命の発生

| トラックバック(0)

ジョンジョー・マクファデンの「量子進化」を読んで彼の以下の説に深遠な興味を持った。
すなわち、生命の起源を説明する従来の理論に欠けていた重要な成分は量子測定ではないかというもの。自己複製物質が自身の量子状態を古典領域に増幅することによってその状態を測定できるということは生命の発生にとって非常に重要だったというのだ。
ある現象において、どこで量子系がとまり、測定装置が動き出すのだろうか。二重スリット実験に対するニールス・ボーアのコペンハーゲン解釈では、スリットを通って伝播する光子あるいは電子は、測定行為がおこなわれるまでは波動関数あるいは確率波によって記述されなければならない。電子は、ひとつのスリットに置かれた測定装置に結合するまでは、位置状態の量子の重ね合わせとして存在すると考えられる。コペンハーゲン解釈では測定装置は常に古典的物体と考えられる。測定装置と電子の重ね合わせの結合は波動関数を収縮させると考えられるため、電子と測定装置を合わせるとひとつの古典的存在となり、すなわちどちらかのスリットで電子が検出される。
ウオジェック・ズーレックは、世界全体が古典的に見えるのはデコヒーレンスのためであると主張している。量子系は必然的に、その環境中の無数の粒子の運命に絡まり、この絡まりがデコヒーレンスを引き起こす。干渉効果が消えてしまうために世界は古典的に見える。(光子という)環境が量子系を測定するというのだ。そして、デコヒーレンスが量子測定を起こすには、なんらかの情報が環境に漏れ出す必要がある。
生命の発生の謎は量子世界の強力な物理的な2つの力に負うところが大きいのかもしれない。位置にかかわる謎も量子世界と考えれば説明できるものであろう。納得できるかどうかは別にして。

このアーカイブについて

このページには、2006年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年10月です。

次のアーカイブは2006年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。