2007年3月アーカイブ

バイオメトリクス

| トラックバック(0)

生体認証はシステムを提供する側からすれば相応のコストを投じて安全度を向上させたものとして信頼に耐えうると考えられているようだ。たしかに4桁パスワードなどに比べれば破られる難度が高いことは評価されるが、安全だと錯覚されることによる人的な油断、システム以外のセキュリティの破れとの平仄が合っていなければかえって危険なものとなろう。
ルールが存在し、そのルールを遵守してさえいればシステムは利用を拒否できないという、決定的弱点を内包したままではバイオメトリクスの評価は永遠に不可能ともいえよう。

このアーカイブについて

このページには、2007年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月です。

次のアーカイブは2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。