2001年5月アーカイブ

謝るということ、正義

| コメント(0)

米国では謝ることが必要だと認識されはじめているようだ。先日野茂とイチローの2回目の対決でデッドボールがあったとき、解説者が謝ろうとしない野茂をさすが大リーガーと変な誉め方をしていたが従来の米国ではこれが普通なのだろう。

よく似たことだが政権にあるブッシュは慣性が働いているせいだろうか従来の米国を象徴している。国連では米国の言い分の通用しない世界があるというのに認めようとしない。国際麻薬統制委員会で米国が落選。

公正さはなにも米国だけのものではなく、どこにでもその気になったところでは公正さが追求されている。トーゴの汚職追放の動きはすばらしい。これでこそ国民は政府を信頼できる。

一方でなんのための法律で、なにをすれば罰せられるかがはっきりしないようなところでは規律が守られず、正義のなんたるかが国民にはわかりにくい。

報道姿勢とスピード

| コメント(0)

金総書記の子息拘束のニュースは日経がインターネットでは一番早かった。TVでは毎日TVが早かったと思うがCNNはまだ午後6時に報道できていない。産経・読売・毎日・朝日がインターネットでは音なしだった。このタイムラグの背景には何があるのか。特段の対応をしないのならなぜはじめから見逃さなかったのか。新政権は駆け引きを好んでいるようにしか見えない

ブッシュ政権への中国の反発は厳しい。サイバー戦争ともいえるハッカーの動きが国民の気持ちを表している。マルチエージェントの理論にみられるエージェント情報・内部観測でいう内部情報がマグマのように動いている。

このアーカイブについて

このページには、2001年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年3月です。

次のアーカイブは2001年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。