2001年7月アーカイブ

米国のあせり

| コメント(0)

世界のパワーバランスが微妙な様相となっている。ロシアの外交がEU米国中国と等距離で米国の焦りを誘っている。中国・EUはこの機会を捉えて発言力の増大を図っているといえるだろう。

さらに言えば、いまや抜群の経済成長で米国の動きを牽制できるのは中国のみともいえるだろう。

ABMミサイル防衛構想といい、京都議定書批准拒否といい、やはり国内の不景気の目をそらそうと外交で強引な手を打ちすぎといえるだろう。

このアーカイブについて

このページには、2001年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年6月です。

次のアーカイブは2001年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。