2001年12月アーカイブ

テロの提起したもの

| コメント(0)

量子コンピュータの開発が軌道に載ってきたと日経が報じている。今33歳の若い頭脳に期待が集まっていると。

同時多発テロはわれわれに本質的な問題提起をおこなった。この悲劇は超大国米国の対峙するべき真の問題がなにかをあぶりだした。いまや米国を頂点とするわれわれ近代国家、理性を重視する国民国家、民主主義国家は危機に瀕している。どのように対処するべきか、何が求められているのか、ほとんどの人はそれがわからず不気味な気分で不安におののいていると言えるだろう。現在の世界を世界たらしめている精緻なシステム、法律、経済、交通、通信、これらはテロの圧力の前で赤子同然である。複雑であらゆる事態に対処できると思われていたこのシステムの免疫機能は意外ともろいことが明らかになった。免疫は抗体を作れなければ機能しない。テロは組織的な対処、抗体の製造をあざ笑うかのようにつぎつぎに新たな攻撃をしかけてくる。抗体の製造は後手に廻らざるを得ない。

このアーカイブについて

このページには、2001年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年10月です。

次のアーカイブは2002年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。