2002年9月アーカイブ

リスクの在りか

| コメント(0)

柳沢金融庁長官の交替は意外だった。官僚と政治の両方をきちんと整理できた有能な政治家だったと言えるだろう。本人が退任の前に再度確認しているように銀行を民間企業と見るかどうかが最後の分岐点だったような気がする。国内に実質的には民間企業といえる銀行は無いということを国際的に認めた訳だ。

澱粉を120度に加熱するだけで発癌物質ができるなどということはこれまで想像していなかった。この事実危険性の程度はどのくらい世界的に注目される成果だ。

細菌兵器の製造できるゲノム情報の公開は議論の有無にかかわらず実施された。今後も人類共通の資源であるこのような知識データベースは公開されていくことになるのだろう。人類の生存の最後の砦はいつまでたっても良心しかありえない。

国境線

| コメント(0)

日朝会談に対する欧州とアジアの反応は好意的だった。おそらく米国を除き(いや真の意味で米国も含め)国際社会はこの会談を待っていたといってもいいだろう。

一方国内は必ずしも好意的ではない。小泉政権の支持率が急上昇したもののマスコミの論調は極めて厳しいといえる。これには日本の国民性とか拉致遺族への感情的な思い以外に本質的なものが含まれている。韓国国内の事情とも共通する問題を含んでいる。

どの国も国境線を持っているが日本の大方の国民、特に戦後生まれの国民は島国で育っており、国境の持つ緊張感とはほとんど無縁でいた。日本の国内では唯一日本海側のいくつかの地域でのみ強く外国が意識されてきただけだとも言える。国境はもっぱら海上保安庁や自衛隊の監視網でのみ担保されていた。安全はよく言われるようにあたりまえとなっていた。拉致された国民が生命を落としたことに驚愕し、あらためてこの危険な隣国がなにをしでかすかわからないと思ったのだ。

しかし、きっと国際社会で互いに国境を接する各国の人たちはこの国境の持つ意味、主権の存在、生命を守っている法の存在を常に敏感に感じているにちがいない。諸外国にとってこのような生命の危険はあたりまえであって鈍感だったのは日本人だけだったとも言える。国際社会はそのような日本の置かれている立場がわかっているだけにおおいに賞賛し、今後の関係改善に期待するとエールを送っているのだ。

外務省は関係改善の好機で国際社会に寄与できるチャンスと考えた様子が見受けられるが、世界中で最も関係改善に慎重であるべき我が国がこうして関係改善に踏み切ったということが持つ意味は、国際社会での得点とはうらはらに後戻りできないリスクを自ら抱え込むこととなったことを示している。真の意味で主体的外交が必要になってきたからだ。

ソ連のペレストロイカにはじまった冷戦の終結で東西ドイツは統合したがその過程で経済の落差はいまだに修復が完了していない。朝鮮半島の統一がいつ実現するかわからないが、その経済的インパクトは大きい。元気の無い我が国経済が抱えるリスクは想像を絶するものがある。その意味で日米韓三国の協調をのみ考えるのではなく、中国の関与をもっと積極的に引き出す必要があるといえる。また、パレスチナになぞらえるつもりはないが、隣国国民との平時の平和共存のむつかしさは第三国にはわからない。当事者である双方の一層の努力が必要である。

輸血

| コメント(0)

日銀の株式買取構想。やはりなにかが狂っている。一方で血を流しながら一方で輸血している。

市場で金利機能が麻痺している原因は、間接金融のリスクが正しく反映されていないからだ。経営の危機に瀕した中小企業は金利が高くても金融を求める。大企業を相手にしている大銀行は金利をリスクに反映させるのが筋だろう。全体の金利水準の低いことと個別の企業に適用される間接金融の金利が低いこととは連動しない。新生銀行は調達市場で忌避されているようだが、投資家から見れば安心のできる経営方針だ。

関心のLINK

| コメント(0)

すじみち

| コメント(0)

こうなってくると農林水産省の官僚の仕事は仕事以前の問題だ。審議する以前の案自体が固まっていないうちに物事を進めてしまっている可能性がある。このようないいかげんなことをきっかけにして職を失い、責任を問われている人が多くいるということに暗澹たる気分にさせられる。官僚の責任を問うことこそ正義の手法だ。

このアーカイブについて

このページには、2002年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2002年8月です。

次のアーカイブは2002年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。