戦争の大義

| コメント(0)

昨年の秋にペンタゴン情報局はイラクの化学兵器所持情報がないと報告していたと日経報道

イラクの大量破壊兵器保有が戦争の大義であったが、ラムズフェルドの責任はどうなるのか。戦争にはこのような話がつきものだ。正しい戦争などありえない。要は米国と対立する国はけしからんというだけの戦争だ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、藤田ひかるが2003年6月 7日 13:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社会的圧力」です。

次のブログ記事は「複雑性のリスク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。