2004年5月アーカイブ

イラク政策の転換点

| コメント(0)

今日は5人が帰国ということで日本中が北のニュースにくぎづけなので注目されていないが、中東では米国の動きが決定的となった。いよいよ国連主導でイラクの戦後処理が本格的に動き出すことになりそうだ。CNNで米国がチャラビ氏と袂を分かつ動きと報道。

イラク勢力図の変化

| コメント(0)

サドル師に聖地撤退要求 シーア派指導者らという共同通信の記事はイラク国内の勢力図が微妙に変化してきたことを物語っている。平和裏に権力の移譲が進むことを願う。


中東4者協議、イスラエルのガザ入植地完全撤退を要請というロイターの記事もイスラエル国内の民意が平和へと変化してきた機を捉えてやっと米国が重い腰をあげたといえるだろう。EUやロシアに花を持たせてなんとか事態の収拾をはかりたい米国の苦しみが伝わってくる。主戦派は米国内で影をひそめパウエルを代表とする勢力が力を得てきた。


GOOGLEのユニークな社風IPO後も生き延びるかという記事は的確に現在の資本市場の状況を指摘している。この記事で指摘されているように従業員の多くはIPO後に会社からはなれていくだろうし、経営陣も分断されるだろう。このことがIPOの持つ得失の最大の問題だ。金銭で買えないものがある。それは遠からず失われていくだろう。

このアーカイブについて

このページには、2004年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年4月です。

次のアーカイブは2004年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。