精神鑑定と医師

| コメント(0)

東京地裁の今日の判決
この中で「鑑定結果は参考意見にすぎず、責任能力の判断は裁判所が行う」とした前提は当然とはいえこれまで明確に述べられなかったことであり、評価できる。
かつて私がこの欄で述べたこともこのような発言を期待してのことであった。
そういう意味では、裁判員制度を目前に控えたこの時期にふさわしい判決という気がする。

コメントする

このブログ記事について

このページは、藤田ひかるが2008年4月28日 22:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「予算の使い方」です。

次のブログ記事は「新秩序」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。