GMの破綻

| コメント(0)

世界最大といわれた歴史あるGMの破綻がこれほど粛々と処理されるとは数ヶ月前想像もできなかった。米国内の社会的混乱を最小限に押さえ込んだオバマの手腕を市場は驚きをもって見ている。日本の事例とクライスラー処理がよい経験となって、ここへ収斂させることができたともいえるが、いずれにしても法的整備の進んだ米国でなければ不可能だったろう。
雇用調整を通じ、構造改革が進めば、米国は再び強く再生することができると国民も感じているに違いない。

コメントする

このブログ記事について

このページは、藤田ひかるが2009年6月 9日 07:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雇用問題」です。

次のブログ記事は「前兆すべり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。