前兆すべり

| コメント(0)

今日の東海地方で起きた地震は想定されている東海地震につながる地震ではないそうだ。
前兆すべりがないというのがその根拠だという。
以前にこのBLOGで取りあげアスペリティとも少し概念が違うが、気象庁で利用しているのは短期予測により有効な手段ということで採用している模様。素人には違いはよくわからないが、計算結果が予測値とよく合致するのであればいずれのモデルも的確な理論といえるだろう。
日頃あまり表に出てこない話題だけにこういったときには注目される。

コメントする

このブログ記事について

このページは、藤田ひかるが2009年8月11日 21:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GMの破綻」です。

次のブログ記事は「ゆっくり滑り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。