Hikaru Fujita Home page welcome
| WebFujita.com | menu | current topics | blog spot | blog roll | bookmarks | favorite photos | group |


到着

my del.icio.us
what's new
sitemap
profile
books
posted at
10/05/2005
since
10/06/2000

This page is described with Japanese only

「Mehr Licht!もっとひかりを!」という臨終のことばをのこしたのはゲーテです。そしてまた生前ゲーテはつぎの言葉ものこしています。「もし眼が太陽のようでなかったら、どうしてわれわれはひかりをみることができるだろうか」近代科学において否定されていた認識論の考えがこの言葉にはそっくりそのまま表現されていると思います。

ひかりを求めるものゲーテばかりでなく、単細胞の生きものも含めほとんどの生命はひかりを求めて生きています。邪悪なるものをつつみこみ消化して自らの力の源泉としてしまう能力はすべての生命が生まれながらに持っています。この能力は自然の仕組み、或いは刷り込まれた生命のシステムという表現もできるかもしれませんが、太陽により生命の誕生とともにもたらされたものと思われます。太陽の恵みを前にして、どのように生命はその能力や知恵を獲得していったのか私は常に不思議な思いを抱きつづけています。

政治、宗教、科学には一歩距離を置き、このページでは混沌と無知のなかで、ゆったりと常に知恵のなんたるかを考えています。一緒に混乱してもよいという包容力を持ち合わせた方はどうぞ。気の短い方はご遠慮ください。

Si vera nostra sunt aut falsa, erunt talia, licet nostra per vitam defendimus. Past fata nostra pueri qui nunc ludunt nostri iudices erunt.
われらの書きしもの、正誤いずれにせよ、われらの生くる限り、そを弁護してやまず。われらの死後、いま遊び戯れる子らが裁き手とならん。(ゲーテ色彩論)

特に深い階層のページで再構築途上のため、多くのLINK切れや誤りがありますが、古いSITE(my old one)ではつながっています。また、ブラウザによりFirefox、Operaでは正しく表示されますが、IEでは右上の画像が正しく表示されないことがあります。ご辛抱ください。




All contents of this site, unless otherwise noted, c 2000-2005 hikaru fujita, and some rights reserved. If you have any questions or suggestions, please contact me via e-mail(hikaru_fujita@ yahoo.co.jp).