意味

 

    意味を決定すれば世界が決まる。

    そこは人間の場であり、濃密な逃れられない牢獄である。

    そこではいやおうなく生ずる事態との対決を迫られる。

    ひとは早く逃れるためになんらかの意味づけをただちに実施し、アリバイ作りにいそしむ。

    言い訳がすんなり認められ、心地よければ、それは多くの人の手にかかってひとつの意思となり、同様の言い訳が蔓延して善良なひとびとを苦しめる。これが嫉妬である。

    苦しくてもはじめのところで妥協しないものは強いが、はじめから逃げる人間は自分でも意識していない嫉妬でいじめに加担する。

    外部に向かっては妥協しないものが弱く、逃げるものが強い。