形式

 

    形式は模倣の教師。創造の根には形式がある。形式との差異が創造。

    歴史的継続性の根拠。リニイジ。安定的という性格が形式には必要である。

    まず形より入れとは「柔道」「能」の格言にある。世阿弥の心。

    止揚を編み出した弁証法も形式が前提にある。

    言語は形式の究極の姿。そのなかでも法律は意識的な形式の抽出されたものといえる。

    刑罰の根拠には形式があり、隔離の思想の背後には形式がある。

    形式はまた流行ともいえる。自動車のモデルチェンジ。形式の変更。ファッションも形式。

    思想・宗教も形式、パラダイムも形式といえるだろう。

    あらゆる自由を束縛するのが形式であり、一方でだれもが渇望するのも形式である。