道具

 

    道具は手の延長だ。

    道具は道具と認められるとき手以外のものになる。外延をとりまく定義。

    医療におけるメスの道具としての性格は、その物理的な効果に認められる。

    放射線・レーザー・熱による皮膚の裁断は道具によると言えるか。高周波の効果は道具か?直接手の延長でなくとも道具か?

    風が吹いて桶屋が儲かる。風は道具か?原因と結果を結びつけることのできるのが道具か?風はなぜ道具ではないのか?

    コンピュータは道具と言える。しかし、言葉は道具か?算術は道具か?関係付けは道具か?コンピュータの何が道具なのか?

    日本人の道具には優れたものが数多くある。骨董の店ではその知恵の深さに驚嘆する。とくに日本の気候風土に順応した自然をとりいれた道具はすばらしい。木製の道具、竹製の道具。

    学生の頃文房具に異常に執着した時期があった。文房具は違和感が残ると使えない。無意識に手の延長とならないとじゃまになり、集中できなくなる時期があった。文房具はまさしく私にとっては基本的道具だ。人類はおそらく違和感をなくそうと試行錯誤をくりかえして多くの道具を開発してきたのだろう。現在の道具類は知恵の結晶だ。