反復

 

    反復は反省に通じ、自らの軌跡をなぞる動きだ。

    反復によりものがみえる。

    反復により意識下のコードがかたちづくられ、記憶もつくられる。

    反復はしたがって、多次元であり次元の広がりを持つ。

    反復は時間の関数であり、空間的であり、瞬間の再現である。

    反復は生命の根源であり、死に反復はない。

    ATPサイクルを発見したのは象徴的だ。CО2同定の強さでエネルギー効率も決まる。