事故

 

    事故は社会的圧力で起こる。社会的圧力をコントロールできれば事故は減少する。

    事故原因を追求するさまざまな努力は、つまるところ人間の判断の誤りに行き着く。

    判断にかかわらないものは事故ではなく災害だ。天災と人災の根本的区別が存在する。

    判断の根拠がはっきりしていれば事故の可能性はきわめて低い。人間の能力は信頼できる。

    判断の根拠が判然としないとき、人は経験から判定の根拠となりうる情報を抽出しようとする。

    経験は事故を防止し、未然に防ぐ方策をシンプルに教示してくれる。事故の可能性を極小化できる。

    問題は、判断を必要とする局面が次から次へと到来し、判断の集積で重大な結果を求められる場合だ。

    一人の人間で処理しなければならない問題の数量は限界があるから、数量をコントロールするのは常識だ。

    事故の発生する基本的なシチュエーションはこの限界がわからないという数量のコントロールの失敗に起因する。