強さと弱さ

 

    強さと弱さのいろいろな事例を述べたい。

    通常は強さと弱さは同じことの表と裏の関係にある。

    たとえば、私の性格はおそらく不器用で融通がきかないといえるだろうが、これは強さであり、また弱さである。

    また、一方ひとは強いものにあこがれる。なんとか強くなりたいと思う。肉体的に、精神的に強くなることに限りない価値を見出す。

    生命の求めるのは強さではないかと思われる。しかし、一方で弱いものに愛情をそそぐ、持てる力を弱いもののために使う強いものがいる。